【Feb.07更新】プーケットの不動産投資情報


今回は不動産投資情報、プーケット島の開発プロジェクト「LAYAリゾートプロジェクト」をご紹介します。

プーケット島への観光客は929万人に達し、都市別観光客数において世界12位という世界有数の観光地です。
ドイツ・ロシア・オーストラリア・韓国・シンガポール・ドバイから直行便 中国の26都市からプーケット島へ数多くの直行便が運行されていて、知られていませんが、2019年中国人が訪れた海外ビーチリゾートではNo.1にランクされています。

タイ政府は120憶バーツを投入しプーケット第2国際空港の建設。
更に、モノレール建設等、政府を挙げてインフラに巨額投資を予定していて、この「LAYAリゾートプロジェクト」も、タイ大手デベロッパーNusasiriと中国Delskグループの提携プロジェクトになります。


【プロジェクト名】LAYAリゾートプロジェクト
【 デベロッパー】 Nusasiri & Delsk Group
【 オペレーター】 ウィンダム・ホテル・グループ

【 戸数】 ホテル300戸 コンドミニアム593戸
【フロア数】ホテル6階/ コンドミニアム7階

【お部屋のタイプ】 ホテル コンドミニアム デラックスルーム5タイプ(37-43㎡) スタジオルーム(24㎡) エクゼプティブスイート 7タイプ(47-96㎡) 1LDK (35㎡)

【ファシリティ】船着場、SPA、全天候型レストラン、スカイバー、屋上プール、フィットネスセンター、宴会場、キッズクラブ

物件価格約1,070万円から
家賃保証 15年間:5年間が年7%、その後10年間は運営状況より配当

ご興味がありましたら、投資用に是非現地のショールームを視察されたら如何でしょうか!

お問い合わせは、本協会までメールinfo@tgwa.jpでお願いします。