【Aug.28更新】タイの非常事態宣言が9月30日まで再延長!


8月27日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の感染者が新たに1人(海外から帰国したタイ人)確認されましたが、死者は0人、累計の感染者数は3,404人、このうち58人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院した人は3,237人、入院中の人は109人です。

日本では同日、全国で897人の感染、国内で感染が確認された人は累計で64,895人、亡くなった方は1,229人です。退院した方は52,878人で現在の感染者数は10,788人になっています。

タイは日本より遥かに感染者数も少なく、封じ込めが成功しているにもかかわらず、タイ政府は8月25日、新型コロナウイルス対策として発令している非常事態宣言の期限を今月末から1カ月延長し、9月末までとする方針を閣議決定しました。3月26日の発令以来延長は5度目で、非常事態が半年以上継続されることになります。

タイでは、若者による反政府集会が活発化していて、今回の延長は、政府への批判を抑え込むためではないかという見方も出ていますが、タイ政府は、世界では感染がおさまっておらず、感染の再拡大を防ぐためこの延長は必要があるとしています。