【Dec.11更新】特別観光ビザを全ての国に許可!隔離期間のゴルフも承認!


12月8日、タイ政府のプラユット内閣は、これまではコロナウイルスの感染低リスクの国や地域からの入国に限っていたSTV(特別観光ビザ)での外国人観光客の受け入れを、日本を含め全ての国や地域からの入国に対して認める旨を承認しました。

また、外国人観光客のタイ入国後の14日間の隔離期間に、社会的距離などを十分にとった上で指定のゴルフコースでゴルフを楽しめるようにする、ゴルフ付きの隔離期間の実施も承認されました。

隔離期間をゴルフ付きで過ごせるようになるのは、多くのゴルファーにとっては素晴らしい朗報です。

もちろん隔離期間のゴルフについては、感染防止のための様々なルールなどが適用されますが、それでも基本的に部屋に閉じ込められる現状と比べれば、全く違った内容です。

日本のゴルファーやこの時期ロングスティを考えている方々にとっては、STV(特別観光ビザ)での入国が許可された事に加え、14日間の隔離期間もゴルフ付きで過ごす事もできるようになり、タイへの訪問再開も少しづつではありますが、現実的になってきた気がします。