【Jun.11更新】7月から「プーケット・サンドボックス」が施行!タイの新型コロナ感染者数情報!


6月4日、政府の経済状況管理センターは、プラユット首相を委員長とする会議で、新型コロナウイルスワクチンを接種した外国人観光客を隔離期間なしで受け入れる「プーケット・サンドボックス」を承認しました。
「サンドボックス」とは、多くの住人が新型コロナウイルスワクチン接種を終えた2つの国(地域)の人々が、お互いの国(地域)を自由に旅行するというものです。

今後、閣議の承認を経て、来月1日から南部プーケットで実施する方針ですが、当初は滞在7日間で他県への移動を許可する計画だったものを、 感染状況を注視するため、入国後14日間に拡大して、行動範囲もプーケット島内に制限する旨変更になりました。
また、8月以降に7日間に短縮することを視野に入れているとのことです。

今後、プーケット・サンドボックスが順調に進んだ場合、10月1日から対象地域をバンコクや北部チェンマイなど10都県に拡大する方針で、ワクチン接種を条件に来年1月からは全国で隔離期間なしの受け入れ再開を計画しているとの報道もあります。

 

【新型コロナ感染者数情報】

6月10日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は2,310人(国内で感染した人2,272人、海外から帰国したタイ人38人)、新たな死者は43人、累計の感染者数は187,538人、このうち1,375人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は139,287人で現在の感染者数は46,876人になっています。

刑務所で大規模なクラスターは沈静化に向かっていますが、現在も国内感染者2,272人の内102人は刑務所内での感染と発表されています。

先週からのタイでの新たな感染者数は推移は下記の様になっています。

6月04日  新たな感染者: 2,631人(死者31人) 入院者数:50,105人
6月05日  新たな感染者: 2,817人(死者36人) 入院者数:49,490人
6月06日  新たな感染者: 2,617人(死者23人) 入院者数:49,714人
6月07日  新たな感染者: 2,419人(死者33人) 入院者数:49,101人
6月08日  新たな感染者: 2,662人(死者28人) 入院者数:49,252人
6月09日  新たな感染者: 2,680人(死者35人) 入院者数:47,644人
6月10日  新たな感染者: 2,310人(死者43人) 入院者数:46,876人

一方、同日発表の日本では、全国で2,044人の感染(タイの約0.9倍)、国内で感染が確認された人は累計で770,132人(タイの約4.1倍)、亡くなった方は13,925人(タイの約10.1倍)です。退院した方は720,511人で現在の感染者数は35,696人(タイの約0.8倍)になっています。

新たな感染者数と現在の感染者数で、タイが日本より多くなり、都市部についても、バンコク都の新規感染者が788人(刑務所での感染者を除く)で、東京(439人)の約1.8倍になっています。