【Jul.23更新】東南アジア全体で「デルタ株」が猛威!タイの新型コロナ感染者数情報!


タイが新型コロナ変異ウイルスの猛威にさらされ、新規感染者数は過去最高を毎日更新し続けていますが、東南アジア全体でも感染力の強い変異ウイルス「デルタ株」の蔓延に加えて、ワクチン接種が思うように進まない中、感染者や死亡者が急増しています。

地域で最も被害が大きいインドネシアでは、今月15日には1日の新規感染者数が56,000人を超え、1カ月前の6倍に拡大。また、1日当たりの死者数も21日に1,383人に達して月初から約3倍になっています。
マレーシアでも15日に1日の新規感染者数が13,215人、ミャンマーでは14日に7,085人、ベトナムでは21日に5,537人と各国でこの一週間に過去最高を更新しています。

 

【新型コロナ感染者数情報】

7月22日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は13,655人(国内で感染した人13,644人、海外から帰国したタイ人11人)、新たな死者は87人、累計の感染者数は453,132人、このうち3,697人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は312,377人で現在の感染者数は137,058人になっています。

先週からのタイでの新たな感染者数の推移は下記の様になっています。

7月16日 新たな感染者: 9,692人(死者67人) 入院者数: 106,951人
7月17日 新たな感染者: 10,082人(死者141人) 入院者数: 110,565人
7月18日 新たな感染者: 11,397人(死者101人) 入院者数: 116,135人
7月19日 新たな感染者: 11,784人(死者81人) 入院者数: 122,097人
7月20日 新たな感染者: 11,305人(死者80人) 入院者数: 126,765人
7月21日 新たな感染者: 13,002人(死者108人) 入院者数: 131,411人
7月22日 新たな感染者: 13,655人(死者87人) 入院者数: 137,058人

一方、同日発表の日本では、全国で5,395人の感染(タイの約0.4倍・タイが日本の約2.5倍)、国内で感染が確認された人は累計で858,107人(タイの約1.9倍)、新たに亡くなった方は6人(タイの約0.1倍・タイが日本の約17.4倍)で累計では15,107人(タイの約4.1倍)です。退院した方は807,459人で現在の感染者数は35,541人(タイの約0.3倍・タイが日本の約3.9倍)になっています。

新たな感染者数と死者数、現在の感染者数でタイが日本より多い状況は続いていて、都市部についてもバンコク都の感染拡大も止まらず、新規感染者が2,893人(刑務所での感染者を除く)で、リバウンドの傾向が出ている東京(1,979人)の約1.5倍になっています。

この状況を受けて、バンコク都は21日、新型コロナウイルス感染拡大を抑制する更なる対策として、新たに次の施設の閉鎖を発令しました。この対策は7月23日から8月2日まで実施されます。

閉鎖となるのは以下の施設になります。
1. 美容室、理髪店、ネイルサロン、タトゥー店
2. ゴルフ場やフットサル場、バドミントン場を含むあらゆる種類のスポーツ分野の施設
3. 公園、植物園、運動場、公共プール、または類似する施設
4. 展示会場、会議ホール
5. 教育センター、科学教育センター、美術館など
6. 図書館、または類似する施設
7. 博物館、遺跡、または類似する施設
8. 児童発達支援センター