【Aug.06更新】タイの非常事態宣言が9月30日まで再延長!タイの新型コロナ感染者数情報!


タイ政府は7月23日、新型コロナウイルス対策として発令している非常事態宣言の期限を更に延長し、9月30日までとする方針を閣議決定し官報で公表しました。2020年3月26日の発令以来延長は13度目になります。

また、最高厳格管理地域(ダークレッドゾーン)に指定されているバンコク都などでは、夜間外出禁止などの制限が8月3日から最低14日間延長されました。状況を検討しながら8月末までさらに延長する場合もあるということです。

 

【新型コロナ感染者数情報】

8月5日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は過去最高の20,920人(国内で感染した人20,912人、海外から帰国したタイ人3人、海外から入国した外国人5人)、新たな死者数160人、累計の感染者数は693,305人、このうち5,663人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は473,732人で現在の感染者数は213,910人になっています。

先週からのタイでの新たな感染者数の推移は下記の様になっています。

7月30日 新たな感染者: 17,345人(死者117人) 入院者数: 192,526人
7月31日 新たな感染者: 18,912人(死者178人) 入院者数: 200,510人
8月01日 新たな感染者: 18,027人(死者133人) 入院者数: 205,002人
8月02日 新たな感染者: 17,970人(死者178人) 入院者数: 208,875人
8月03日 新たな感染者: 18,901人(死者147人) 入院者数: 209,039人
8月04日 新たな感染者: 20,200人(死者188人) 入院者数: 211,076人
8月05日 新たな感染者: 20,920人(死者160人) 入院者数: 213,910人

一方、同日発表の日本では、全国で15,259人(過去最高)の感染(タイの約0.7倍・タイが日本の約1.4倍)、国内で感染が確認された人は累計で986,635人(タイの約1.4倍)、新たに亡くなった方は8人(タイの約0.1倍・タイが日本の約20.0倍)で累計では15,241人(タイの約2.7倍)です。退院した方は862,427人で現在の感染者数は108,967人(タイの約0.5倍・タイが日本の約2.0倍)になっています。

新たな感染者数と死者数及び現在の感染者数でタイが日本より多い状況は続いていて、都市部についてもバンコク都の感染拡大は止まらず、新規感染者は4,140人(刑務所での感染者を除く)になっています。

【プーケット県内新型コロナウイルス感染状況(2021年8月4日)】

■プーケットの新規感染者数
現地 65人
外国人旅行者 4人

■プーケットのワクチン接種状況
1回目のワクチン接種数 416,305人(人口の約89%)
2回目のワクチン接種数 321,884人(人口の約69%)

「プーケット・サンドボックス」の詳細はこちら >>> https://www.thailandtravel.or.jp/phuket-sandbox/