【Sep.24更新】タイランドエリートビザが注目を浴びています!タイの新型コロナ感染者数情報!


長期滞在ビザの選択肢の一つであったマレーシアの「MM2Hビザ」の条件変更などで、タイ国政府観光庁直営の国営企業が運営している「タイランドエリート」の問い合わせが急増しているそうです。

タイランドエリートは、法律に基づいてタイ国政府観光庁直営の国営企業が運営する特別な外国人長期滞在プログラムで、会員権を取得することでタイでの5年以上の滞在が可能になります。
プログラムの種類によって会員限定の様々なサービスもあり、経営者や個人投資家の方や、早期リタイア後の長期滞在、滞在型のワーケーションを目的とした取得が増えているとのことです。

また、タイ政府もコロナによる社会の変化やアフターコロナの経済を見据えて、外国からの技術導入や投資を促進する政策を準備しているという発表もあって、今後の新たな社会経済への対応も、年齢制限のない「長期滞在特化型」のタイランドエリートビザが注目を浴びている理由になっています。

タイランドエリートの詳細はこちら
>>> https://thailandelite.network/

 

【新型コロナ感染者数情報】

9月23日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は13,256人(国内で感染した人13,241人、その他感染者15人)、新たな死者数131人、累計の感染者数は1,524,613人、このうち15,884人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は1,380,362人で現在の感染者数は128,367人になっています。

先週からのタイでの新たな感染者数の推移は下記の様になっています。

9月17日 新たな感染者: 14,555人(死者171人) 入院者数: 129,421人
9月18日 新たな感染者: 14,109人(死者122人) 入院者数: 130,128人
9月19日 新たな感染者: 13,576人(死者117人) 入院者数: 131,095人
9月20日 新たな感染者: 12,709人(死者106人) 入院者数: 132,573人
9月21日 新たな感染者: 10,919人(死者143人) 入院者数: 131,655人
9月22日 新たな感染者: 11,252人(死者141人) 入院者数: 129,071人
9月23日 新たな感染者: 13,256人(死者131人) 入院者数: 128,367人

一方、同日発表の日本では、全国で3,603人の感染(タイが日本の約3.7倍)、国内で感染が確認された人は累計で1,688,175人(タイの約1.1倍)、新たに亡くなった方は49人(タイが日本の約2.7倍)で累計では17,386人(タイの約1.1倍)です。退院した方は1,616,096人で現在の感染者数は54,693人(タイが日本の約2.3倍)になっています。

【プーケット・サンドボックス プーケット県内新型コロナウイルス感染状況(2021年9月22日)、

■プーケットの新規感染者数
現地 239人
外国人旅行者 0人

■プーケットのワクチン接種状況
1回目のワクチン接種数 431,647人(人口の約93%)
2回目のワクチン接種数 391,713人(人口の約84%)
3回目のワクチン接種数 103,874人(人口の約22%)

「プーケット・サンドボックス」の詳細はこちら >>> https://www.thailandtravel.or.jp/phuket-sandbox/