【Oct.08更新】バンコクと他9地域で隔離義務撤廃へ!タイの新型コロナ感染者数情報!


タイ政府は、観光業復興策の一環で、10月1日から新型コロナウイルスワクチン接種済みの外国人観光客の隔離期間を7日間に短縮していますが、更にバンコクと他の9地域について、11月1日からワクチン接種を完了した訪問者に対する隔離義務を撤廃すると発表しています。

対象は、バンコクと7月から試験的な観光客受け入れ(サンドボックス制度)を開始しているプーケットとサムイ島、そして、チェンマイ、パンガー、クラビ、ホアヒン、パタヤ、チャアムなどの観光地が含まれています。

タイの主要部門である観光産業は約18カ月にわたる厳しい入国規制などで壊滅状態にあり、政府は、2019年に約4,000万人に達した外国人観光客の呼び戻しと観光業復興策を熱心に模索しています。

 

【新型コロナ感染者数情報】

10月7日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は11,200人(国内で感染した人11,180人、その他感染者20人)、新たな死者数113人、累計の感染者数は1,678,297人、このうち17,418人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は1,551,857人で現在の感染者数は109,022人になっています。

先週からのタイでの新たな感染者数の推移は下記の様になっています。

10月01日 新たな感染者: 11,754人(死者123人) 入院者数: 115,233人
10月02日 新たな感染者: 11,375人(死者  87人) 入院者数: 113,394人
10月03日 新たな感染者: 10,828人(死者  77人) 入院者数: 112,251人
10月04日 新たな感染者:   9,930人(死者  97人) 入院者数: 109,748人
10月05日 新たな感染者:   9,869人(死者  92人) 入院者数: 108,373人
10月06日 新たな感染者:   9,866人(死者102人) 入院者数: 108,022人
10月07日 新たな感染者: 11,200人(死者113人) 入院者数: 109,022人

一方、同日発表の日本では、全国で966人の感染(タイが日本の約11.6倍)、国内で感染が確認された人は累計で1,708,739人、新たに亡くなった方は39人(タイが日本の約2.9倍)で累計では17,860人です。退院した方は1,675,661人で現在の感染者数は15,218人(タイが日本の約7.2倍)になっています。

【プーケット・サンドボックス プーケット県内新型コロナウイルス感染状況(2021年10月6日)】

■プーケットの新規感染者数
現地 165人
外国人旅行者 2人

■プーケットのワクチン接種状況
1回目のワクチン接種数 433,121人(人口の約79%)
2回目のワクチン接種数 409,644人(人口の約75%)
3回目のワクチン接種数 197,084人(人口の約36%)

「プーケット・サンドボックス」の詳細はこちら >>> https://www.thailandtravel.or.jp/phuket-sandbox/