【Oct.15更新】プーケット・サンドボックス対象国制限撤廃!11/1からは隔離義務も撤廃へ!タイの新型コロナ感染者数情報!


7月から導入されている「プーケット・サンドボックス」制度は、これまで新型ウイルスのリスクが低・中程度の約80か国が対象とされていましたが、タイ政府観光局は対象を全外国人観光客に拡大すると発表しています。

サンドボックス制度でこれまでに約3万8,000人がプーケットを訪れており、観光収入も6,667万ドル(約74億800万円)に上っているとのことですが、まだプーケット島ではホテルの9割が閉鎖されており、更なる観光業復興策が求められています。

また、タイ政府は11/1からバンコクと他の9地域について、ワクチン接種を完了した訪問者に対する隔離義務を撤廃すると発表しています。更に、プラユット首相は11日の記者会見で、11/1から感染リスクが少ない約10カ国からの空路で入国する外国人観光客をタイ国内全土で受け入れると表明しています。

11/1からは、イギリス、シンガポール、ドイツ、中国、アメリカなど感染リスクが少ない約10カ国からの観光客を対象に受け入れを開始し、12/1までに対象国を増やし、さらに2022年の1/1までに対象国を拡大する予定とのことですが、現時点で日本については未発表です。

 

【新型コロナ感染者数情報】

10月14日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は11,276人(国内で感染した人11,224人、その他感染者52人)、新たな死者数112人、累計の感染者数は1,751,704人、このうち18,029人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は1,625,750人で現在の感染者数は107,925人になっています。

先週からのタイでの新たな感染者数の推移は下記の様になっています。

10月08日 新たな感染者: 11,140人(死者116人) 入院者数: 110,113人
10月09日 新たな感染者: 10,630人(死者  73人) 入院者数: 110,128人
10月10日 新たな感染者: 10,817人(死者  84人) 入院者数: 110,880人
10月11日 新たな感染者: 10,035人(死者  60人) 入院者数: 110,265人
10月12日 新たな感染者:   9,445人(死者  84人) 入院者数: 108,174人
10月13日 新たな感染者: 10,064人(死者  82人) 入院者数: 107,168人
10月14日 新たな感染者: 11,276人(死者112人) 入院者数: 107,925人

一方、同日発表の日本では、全国で619人の感染(タイが日本の約18.2倍)、国内で感染が確認された人は累計で1,713,219人、新たに亡くなった方は33人(タイが日本の約3.4倍)で累計では18,054人です。退院した方は1,685,486人で現在の感染者数は9,679人(タイが日本の約11.2倍)になっています。

【プーケット・サンドボックス プーケット県内新型コロナウイルス感染状況(2021年10月13日)】

■プーケットの新規感染者数
現地 156人
外国人旅行者 1人

■プーケットのワクチン接種状況
1回目のワクチン接種数 440,110人(人口の約80%)
2回目のワクチン接種数 414,878人(人口の約76%)
3回目のワクチン接種数 225,656人(人口の約40%)

「プーケット・サンドボックス」の詳細はこちら >>> https://www.thailandtravel.or.jp/phuket-sandbox/