【Apr.30更新】タイの新型コロナ感染者数情報


4月29日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は1,871人(国内で感染した人1,864人、海外から帰国したタイ人5人、海外から入国した外国人2人)、新たな死者は10人、累計の感染者数は63,570人、このうち188人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は35,394人で現在の感染者数は27,988人になっています。

タイ国内の新規感染者数を地域別で見てみると、バンコク都が689人と突出していて、中部サムットプラーカーン県151人、東部チョンブリー県112人と続き、その他の県が912人と報告されています。

先週からのタイでの新たな感染者数は推移は下記の様になっていて、ついに2,000人を超えて高い数字が続いています。死者数も二桁の日が多くなり、入院者数も急増しています。

4月23日  新たな感染者: 2,070人(死者4人) 入院者数:19,873人
4月24日  新たな感染者: 2,839人(死者8人) 入院者数:22,327人
4月25日  新たな感染者: 2,438人(死者11人) 入院者数:24,207人
4月26日  新たな感染者: 2,048人(死者8人) 入院者数:25,767人
4月27日  新たな感染者: 2,179人(死者15人) 入院者数:25,973人
4月28日  新たな感染者: 2,012人(死者15人) 入院者数:27,119人
4月29日  新たな感染者: 1,871人(死者10人) 入院者数:27,988人

この状況に対し、新型コロナウイルス感染症センターは 、5月1日から14日間、感染防止対策を強化して、バンコク都、中部パトゥムターニー県、サムットプラーカーン県、ノンタブリー県、東部チョンブリー県、北部チェンマイ県で、レストラン店内での飲食を禁止すると発表しました。

バンコクでは26日に、学校、娯楽施設、公園などの31施設を5月9日まで閉鎖し、飲食店や屋台での飲食や百貨店の営業を午後9時までに制限する措置を発動しています。また、外出時のマスク着用が義務化され、違反した場合は2万バーツ以下の罰金が科されます。

一方、同日発表の日本では、全国で5,916人の感染(タイの約3.2倍)、国内で感染が確認された人は累計で588,483人(タイの約9.3倍)、亡くなった方は10,203人(タイの約54.3倍)です。退院した方は518,442人で現在の感染者数は59,838人(タイの約2.1倍)になっています。