【Jul.16更新】「サムイプラス」もスタート!タイの新型コロナ感染者数情報!


7月1日から、プーケットで「サンドボックス」政策がスタートしていますが、当初、日本は高リスク国に分類されていて、「ビジネス目的に限る」との条件付きでの対象国でしたが、7月9日、対象国のリストが更新され、日本からの渡航条件となっていた「ビジネス目的に限る」という制限が解除されました。
今後は、日本からの一般旅行者も要件を満たせば、14日間の隔離なしで渡航可能となります。

また、タイ南部スラタニ県のサムイ島、パガン島、タオ島についても、プーケット・サンドボックス制度と同様の14日間の隔離措置を免除する「サムイプラス制度」が7月15日から開始されたました。必要書類や条件などについては、プーケット・サンドボックスと同様とされています。

「プーケット・サンドボックス」の詳細はこちら >>> https://www.thailandtravel.or.jp/phuket-sandbox/

 

【新型コロナ感染者数情報】

7月15日、タイ国内で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は9,186人(国内で感染した人9,164人、海外から帰国したタイ人18人、海外から入国した外国人4人)、新たな死者は98人、累計の感染者数は372,215人、このうち3,032人の方がお亡くなりになったと発表されました。退院・治癒した人は266,127人で現在の感染者数は103,056人になっています。

刑務所での大規模なクラスターは沈静化に向かっていて、国内感染者7,049人の内79人が刑務所内での感染と発表されています。

先週からのタイでの新たな感染者数の推移は下記の様になっています。

7月09日 新たな感染者: 9,276人(死者72人) 入院者数:74,895人
7月10日 新たな感染者: 9,326人(死者91人) 入院者数:80,289人
7月11日 新たな感染者: 9,539人(死者86人) 入院者数:85,689人
7月12日 新たな感染者: 8,656人(死者80人) 入院者数:90,578人
7月13日 新たな感染者: 8,685人(死者56人) 入院者数:95,410人
7月14日 新たな感染者: 9,317人(死者87人) 入院者数:99,511人
7月15日 新たな感染者: 9,186人(死者98人) 入院者数:103,056人

一方、同日発表の日本では、全国で3,419人の感染(タイの約0.4倍・タイが日本の約2.7倍)、国内で感染が確認された人は累計で831,270人(タイの約2.2倍)、亡くなった方は15,019人(タイの約5.0倍)です。退院した方は792,923人で現在の感染者数は23,328人(タイの約0.2倍・タイが日本の約4.4倍)になっています。

新たな感染者数と現在の感染者数でタイが日本より多い状況は続いていて、都市部についてもバンコク都の感染拡大も止まらず、新規感染者が2,224人(刑務所での感染者を除く)で、リバウンドの傾向が出ている東京(1,308人)の約1.7倍になっています。
特に現在の感染者数の増加は深刻で、重症者も増え、医療体制の逼迫から死者の数も急増しています。